【S8使用構築 最高2086】炎塵全壊ミミゲンスイッチ

こんにちは、あっかーです。S8に使用した構築を紹介しようと思います。

f:id:akkar:20180313111729p:plain

 

 f:id:akkar:20180313111806p:plainf:id:akkar:20180313111815p:plainf:id:akkar:20180313111825p:plainf:id:akkar:20180313111834p:plainf:id:akkar:20180314210246p:plainf:id:akkar:20180313111910p:plain

 

☆構築経緯

初めは鬼火持ちf:id:akkar:20180313111014p:plainからf:id:akkar:20180313111024p:plainに繋ぐ構築として使用していた。しかし激流ゲッコウガカプ・レヒレの増加、ボルトチェンジからのあくび持ちカバルドン等の動きが増えたため断念。とはいえカビゴンは環境に刺さっていると感じ、軸の1匹として採用。カビゴンを毒、叩き落とす、トリック等で見てくるポケモンに対して絶大な破壊力を発揮するはらだいこ型を使用することにした。

ここでカビゴンシナジーがあり、行動保ショウで終盤の詰めで強くなれるトリックルームf:id:akkar:20180313111339p:plainを組み込んだ。

さらに増えていたf:id:akkar:20180313135309p:plain+f:id:akkar:20180313111355p:plain+f:id:akkar:20180313111409p:plainのようなサイクル寄りの構築に圧力をかけることが可能で、トリックルームとの相性がバツグンなメガネf:id:akkar:20180313111424p:plainを採用。

試合をしていく内に、1:1交換を取ってからのトリル展開が極めて強力であると判断し1:1交換のプロフェッショナルである滅び道連れf:id:akkar:20180314210227p:plainを採用。

相手のミミッキュがどうしようもないため、見かけの地面の一貫切りと物理受けとしてゴツメf:id:akkar:20180313111523p:plainを採用。

鋼に対する明確な崩しの手段が無かったため、受けループやテッカグヤ絡みのサイクルに強く出ることがき、構築全体で重めなリザードンをケアできるポケモンとして最速剣舞f:id:akkar:20180313111615p:plainを採用し、構築の完成とした。

実際には元々使用していた構築にアクセントを加えていった形であるため、このような綺麗な構築作りにはなっていない。構築を組むに当たり協力してくださったスノーホルンさん、Suroさんありがとうございました。

 

☆個体紹介

カバルドン

f:id:akkar:20180313112222g:plain

持ち物:ゴツゴツメット
特性:すなおこし
実数値(努力値):215(252)-132-182(220)-x-97(36)-67
技構成:じしん こおりのきば あくび なまける

 

グロスも重いためランドではなくカバルドン。他の枠と比較し採用理由が曖昧であり、実際の試合でも殆ど活躍しなかった。あくびを用いた詰めや対面操作が強力であったが、出せると感じた構築があまりにも少なく、起点にされることの方が多かったので極力選出を控えていた。あくびよりも強力なのが選出圧力で、このポケモンがいるだけでミミッキュやカプ・コケコなんかが出てきにくい。

パーティに置くには頼もしいポケモンであった。

ちなみに21チャレンジはこいつがグライオンに一発で切り刻まれたことにより負けた。

 

選出率6位

 

リザードン

f:id:akkar:20180313112246g:plain

持ち物:リザードナイトX
特性:もうか→かたいツメ
実数値(努力値):メガ後167(108)-165(116)-132(4)-x-109(28)-167(252)

技構成:フレアドライブ げきりん つるぎのまい ニトロチャージ

 

最速剣舞リザードンX。火力が足りないがAよりSを取るメリットの方が大きかったり、上の方で受け寄りの構築をあまり見ないことからこの調整での採用。ニトロチャージからの抜き性能はとても魅力的であるが、ステルスロックが増えていたように感じたため出しにくかった。

ちなみに21チャレンジはこいつのフレアドライブミミッキュにミリ耐えされて負けた。火力に振っておけばよかった畜生。

 

選出率5位

 

ミミッキュ

f:id:akkar:20180313112331g:plain

持ち物:ミミッキュ
特性:ばけのかわ
実数値(努力値):155(196)-143(156)-120(156)-x-125-116
技構成:じゃれつく かげうち トリックルーム のろい

 

テンプレ調整ABミミッキュトリックルームと退場手段件削りの手段としての呪いを確定。@2はテンプレ2ウェポンであるじゃれつく+かげうちを採用したが、かげうちを打つ機会が少なかったので挑発でよかったと気がついたのはこれを打っている時である。

本当に構築の核として働いてくれて、見え辛いトリックルーム展開は目を見張る破壊力があった。

 

選出率1位

 

カビゴン

f:id:akkar:20180313112356g:plain

持ち物:フィラのみ

「フィラのみ」を持たせる理由はトリックをしてきた特殊勢に混乱を入れることが出来るため。足しになるかは分からないが、他の木の実よりは持たせる価値がある。
特性:くいしんぼう
実数値(努力値):254(148)-157(100)-117(252)-x-131(4)-51(4)

*調整意図

H:16n-2

A:175-117カプ・テテフをやつあたりで高乱数2発

212-171カバルドンを+6やつあたりで最低乱数切って確定1発

B:極振り

D:余り

S:無振り30属(ヤドラン、カビゴンハガネールモロバレル)抜き

技構成:やつあたり ほのおのパンチ はらだいこ リサイクル

 

トリルエース1。カビゴンの増加からカビゴン対策が施されているパーティが多くのろいが刺さりにくかった印象。

2Wは反動なし高火力のやつあたり、霊に無効化されずナットハッサムテッカグヤに打てるほのおのパンチを採用。ヒードランギルガルド、ゲンガーははらだいこを積めばやつあたりやほのおのパンチで充分であり、はらだいこを積んでいけないパーティに対する刺さりを考えた結果こうなった。

のろいのために毒を入れに来るポケモンをはらだいこで吹き飛ばしていく背中には感動した。

 

選出率4位

 

・ゲンガー

f:id:akkar:20180313112420g:plain

持ち物:ゲンガナイト
特性:のろわれボディ→かげふみ
実数値(努力値):159(188)-x-100-190-115(68)-200(252)

技構成:ヘドロばくだん ほろびのうた みちづれ まもる

 

1:1交換を重視した型。シャドーボールを打ちたい相手はミミッキュくらいで、そのミミッキュに対してもみちづれから入るためフェアリー勢やゲッコウガの甘えた行動を許さないヘドロばくだんで1Wを採用。

初手に出して1:1を取るのが主な動きで、無理に残そうとせずそのまま捨てることが多かった。

 

選出率3位

 

カプ・テテフ

f:id:akkar:20180313112502g:plain

持ち物:こだわりメガネ
特性:サイコメーカー
実数値(努力値):175(236)-x-117(172)-176(76)-138(20)-115
技構成:サイコキネシス サイコショック ムーンフォース めざめるパワー(Fire)

 

トリルエース2。こちらはトリルを貼らずとも対面性能が高いので多くの構築に対して選出していける。有利対面からの圧力や、トリックルーム下での制圧力が絶大で強かった。

メタグロス入には絶対選出してはいけない。

 

選出率2位

 

☆基本選出

・広く対応出来る選出f:id:akkar:20180316145410p:plainf:id:akkar:20180316145427p:plain+f:id:akkar:20180316145454p:plainorf:id:akkar:20180316145515p:plain

先発ゲンガーで1:1交換→ミミッキュ死に出し→トリル詰めが強力。相手の先発でスカーフf:id:akkar:20180316145632p:plainやスカーフf:id:akkar:20180316145700p:plainが見えたらカプ・テテフを初手に置く。

f:id:akkar:20180316124013p:plainf:id:akkar:20180316124028p:plainf:id:akkar:20180316124043p:plainf:id:akkar:20180316124054p:plainf:id:akkar:20180316124110p:plainf:id:akkar:20180316124120p:plainf:id:akkar:20180316124133p:plainorf:id:akkar:20180316124150p:plainorf:id:akkar:20180316124209p:plainorf:id:akkar:20180316124612p:plain

取り巻きでテテフとカビゴンを選択。カバに弱いため基本テテフを出していきたい。ゲンガーで1:1交換をしてからトリックルーム展開を目指す。

相手の選出が先発+f:id:akkar:20180316124446p:plainf:id:akkar:20180316124500p:plainorf:id:akkar:20180316124519p:plainf:id:akkar:20180316124530p:plainということが多いイメージ。

f:id:akkar:20180316142655p:plainf:id:akkar:20180316142706p:plainf:id:akkar:20180316142719p:plainf:id:akkar:20180316142751p:plainf:id:akkar:20180316142809p:plain+f:id:akkar:20180316142827p:plainorf:id:akkar:20180316142903p:plain

メタグロスがいる場合はカビゴン後発に控えさせる。いない場合は初手にテテフを出して1匹倒した後ミミッキュをクッションにテテフを再展開する。

f:id:akkar:20180316143104p:plainf:id:akkar:20180316143117p:plainf:id:akkar:20180316143129p:plainf:id:akkar:20180316143140p:plainf:id:akkar:20180316143157p:plainf:id:akkar:20180316143310p:plainf:id:akkar:20180316143326p:plain

選出が遅めであるため、キノガッサの処理がキーになる。理想はカバルドンミミッキュを全力で処理し、テテフをクチートで持っていきゲンガーでキノガッサを倒すルート。

f:id:akkar:20180316144644p:plainf:id:akkar:20180316144700p:plainf:id:akkar:20180316144717p:plainf:id:akkar:20180316144731p:plainf:id:akkar:20180316144757p:plainf:id:akkar:20180316144817p:plain+f:id:akkar:20180316144831p:plainorf:id:akkar:20180316144842p:plain

カプ・テテフの動ける回数をいかに稼げるかが勝負。4回サイキネを打てれば基本は負けないが、カバが削れた後のミミッキュの処理が雑になると勝率が下がる。

f:id:akkar:20180316143617p:plainf:id:akkar:20180316143628p:plainf:id:akkar:20180316143640p:plainf:id:akkar:20180316143734p:plainorf:id:akkar:20180316143756p:plainorf:id:akkar:20180316143830p:plainorf:id:akkar:20180316144013p:plain

カバリザの存在から雨選出をされることが少ないが、された際にはミミッキュカプ・テテフカビゴンが切り返すことが出来るためあまり苦戦はしなかった。

f:id:akkar:20180316144037p:plainf:id:akkar:20180316144051p:plainf:id:akkar:20180316144105p:plainf:id:akkar:20180316144128p:plainf:id:akkar:20180316144150p:plainf:id:akkar:20180316144202p:plain+f:id:akkar:20180316144418p:plainorf:id:akkar:20180316144432p:plain

後手に回ることが多く勝ちにくい。カビゴンをSに振れば勝率がもう少し高くなりそう。非メガゲンガーで1匹持っていけそうな時はそのルートを目指す。


☆重いポケモン

f:id:akkar:20180313112612p:plainf:id:akkar:20180313112656p:plainf:id:akkar:20180313112710p:plainf:id:akkar:20180313121222p:plain

f:id:akkar:20180313112730p:plain+α 

 

☆雑感

2000帯を無限に彷徨いて勝ちきれずにシーズン終わりの朝を迎えるという最悪の形に終わった。根気さえあれば21は乗れると考えていたが甘かった。

2000に載せるのが遅すぎたこと、パーティの揺るぎあったことが今シーズン21に乗ることが出来なかった理由であると思う。構築が曖昧で重いポケモンや勝てないルートを理解していながら対策出来ていない点が甘えだった。来期はもう少し余裕を持ってレートに取り組みたい。

↓最高時

f:id:akkar:20180313112812j:plain