SM-USM環境 ポリクチまとめ

こんにちは、あっかーです。

本記事では現環境でのポリクチについて個々の型とポリクチ対策及びそれに対するポリクチ側の対策を紹介致します。

私はSMにてポリクチで2100という語るに足りないレートですが、情報収集はそれなりにしてきたので環境の多くのポリクチについてまとめられていると思います。

 

★もくじ

-ポリクチとは

-個々の型

  -ポリゴン2

  -クチート

  -ミミッキュ

  -キノガッサ

-ポリクチ対策

-@2に採用しやすいポケモン

-結果を残した構築

 

☆ポリクチとは

ポリゴン2クチートとは、ポリゴン2のトリックルームからクチートを展開する構築です。トリックルーム張りとしてポリゴン2が用いられるのは、クチートを止めに来るBの高いポケモンを誘いダウンロードによってCを上げることができ、クチートのみならずポリゴン2自信がエースになることが可能であるためです。7世代に入りミミッキュの登場からポリクチミミガッサという並びが誕生しました。この4匹の対面性能の高さから、現環境のポリクチはスイッチ対面構築です

このようなことから、今の環境のポリクチは''スイッチ対面構築''とです。またクチートの不意打ちや対面構築ならではの択が多さから''じゃんけん構築''と呼ばれたり、択の多さやじゃれつくの命中率、キノガッサの不安定さからレートを安定して上げることが難しいため''上振れ構築''と呼ばれることもあります。

ポリクチの基本形態はポリクチミミガッサ@2で、大体のポリクチはこの形で構成されています。@2に求める性能は崩しが最も大きいです。

 

☆個々の型

ポリクチの型はトリックルームポリゴン2+剣舞叩き落とすHAクチートが主流でしたが、今では考察が進み様々な型が採用されています。

 

・ポリゴン2

f:id:akkar:20180412162945g:plain

HCが主流でしたが、S5辺りから環境に刺さりにくくなったためHBやHD、HSと型が多様化していきました。

 

*HCポリゴン2

持ち物:しんかのきせき

特性:ダウンロード

努力値:H244(16n-1) C252 D12orS12

確定技:トライアタック トリックルーム

選択技:シャドーボール れいとうビーム ほうでん 10まんボルト めざめるパワー(Fire) めざめるパワー(Ground)

 

語ることのなきテンプレートポリゴン2です。特別な調整を施していない。技はエースになることを目標とした一致ウェポン+トリックルームに構築で重い点を補う2サブウェポンが主流。

 

*HCDポリゴン2(テテフ意識)

持ち物:しんかのきせき
特性:ダウンロード
努力値:H244 C196 D68

HD・・・C実数値200PFサイコキネシス超高乱数確定3
確定技:トライアタック シャドーボール トリックルーム

選択技:れいとうビーム ほうでん 10まんボルト めざめるパワー(Fire) めざめるパワー(Ground)

 

カプ・テテフに対して行動回数を確保した型。こちらのシャドーボールがCSカプ・テテフに対して確定2であるため、サイキネD下降or急所を引かない限りシャドーボールトリックルームシャドーボールトリックルームを残したまま対面処理が可能になる。カプ・コケコに対しての気休めにもなる調整。

 

*HCDポリゴン2(コケコ意識)

持ち物:しんかのきせき
特性:ダウンロード
努力値:H244 C100 D164
HD・・・C実数値147EF10まんボルト+10まんZ高乱数耐え
確定技:トライアタック トリックルーム
選択技:シャドーボール れいとうビーム ほうでん 10まんボルト めざめるパワー(Fire) めざめるパワー(Ground)

 

カプ・コケコ意識のD振り。Dに振っているためカプ・テテフ意識でシャドーボールを採用したいが、ここまでCを削るとシャドーボールカプ・テテフが80%程度の高乱数になるため採用しないこともある。

 

*HC冷静ポリゴン2

持ち物:しんかのきせき
特性:ダウンロード
努力値:H244 C252 D12
確定技:トライアタック トリックルーム
選択技:シャドーボール れいとうビーム 10まんボルト めざめるパワー(Fire)

 

カバルドンに抜かれ、トリックルーム下で抜くことを目標にした型。あとは上の型と変わらない。

 

*HD穏やかポリゴン2

持ち物:しんかのきせき
特性:トレースorアナライズ
努力値:H244 B12 D252
確定技:れいとうビーム じこさいせい
選択技:トリックルーム でんじは ほうでん イカサマ どくどく

 

ポリクチのポリに採用し、裏にHBカバルドンを置いてサイクルを回すことが多い。トリックルームorでんじはorほうでんによるS操作でクチートに繋ぐことが出来たり、クチートに飛んでくる特殊高火力を受け止めることができる。ランドロスカバルドンが重いため、れいとうビームを採用されがち。

 

*HD生意気ポリゴン2

持ち物:しんかのきせき
特性:ダウンロード
努力値:H244 D252 A12
確定技:おんがえし れいとうビーム じこさいせい
選択技:でんじは トリックルーム ほうでん

 

なまいきでおんがえしを採用したことにより、特殊勢により安定した。ギャラドスゲッコウガにも明確な打点を持てるので、激流ゲッコウガに燃やされることを考えなければほうでんではなくトリックルームやでんじはを採用し、S操作をしたい。

 

*HBポリゴン2

持ち物:しんかのきせき
特性:アナライズ
努力値:HBベース
確定技:れいとうビーム じこさいせい
選択技:イカサマ ほうでん でんじは トリックルーム どくどく 

 

ミミッキュに弱い時に採用され、特殊物理マンダを共に受けれたりと柔軟な選出が可能になります。技スペが余り気味なのでS操作と水+テッカグヤへの打点としてほうでんが採用されやすい印象。

 

*HS身代わりポリゴン2

持ち物:しんかのきせき
特性:ダウンロード
努力値:HSベース
確定技:トライアタック 身代わり じこさいせい
選択技:ほうでん シャドーボール

 

対面構築に足りない''崩し''の性能を補うポリゴン2。ギルガルドの処理を迅速にしたい時にシャドーボールが採用される。構築全体で誘うカバルドンギルガルドテッカグヤ等を崩しの起点に出来る点が好相性である点と自然採用によるS操作が優秀。

 

クチート

f:id:akkar:20180412163445g:plain

クチートにおいて大切なことは制圧力と対面性能の高さです。そのため、多くはパーティによってH、A、Sを役割対象や範囲に合わせてライン決めしています。

また技構成や調整はパーティによって少しずつ違うため、大まかな調整ラインと数値を表記します。

 

◎Hライン:実数値(努力値

157(252)-ありとあらゆる技を1,2発耐えるにようになる。

155(236)-余りをSに振ることが出来る。4n-1。

151(204)-特化ミミッキュの+1ゴーストZ超高乱数耐え。8n-1。

149(188)-Hを削る場合のライン。

147(172)-同じくHを削る場合のライン。4n-1。

以下-ASに振った端数であることが多い。

 

◎Aライン:メガ後

172(252)-極振り。色々なポケモンを確定1〜2に出来る。

170(236)-役割対象への乱数が極振りの時と変わらないため、削る場合のライン。

165(196)-HASにする場合最も多いAライン。

164(188)~155(124)-HSやHDの余りであることが多い。ここまでAを削ると172(252)と比較し火力に差が出る。

154(116)-無振りMバシャーモをじゃれつくで確1。HB特化カグヤをかみなりパンチで確定2。11n。

以下-火力不足は感じるが、他がどうしても必要な場合の余り。

 

◎Dライン:メガ後

S7以降のトレンドです。H252振りが前提。

130(116)-詳しくはコチラ ↓

maygirl-pokemon.hatenablog.com

 

◎Sライン

102(252)-準速。恐らクチートミラー最強。いない

93(180)-4振り70族抜き抜き、4振り70族抜きクチート抜き。受けループや受け回しを意識することが多いため、技構成にかみなりパンチが入り込む。

92(172)-4振り70族抜き。現存するクチートのSライン最速は恐らくここ。

88(140)-アシレーヌテッカグヤ意識。大体のテッカグヤアシレーヌは抜くことが出来る。これ以上Sに振るとHAに不安が残ることが多いため、このラインに抑えている。

85(116)-28振りポリゴン2抜き、無補正20振りテッカグヤ抜き。

83(100)-12振り60族抜き。

75(36)-20振りクチート抜き。

74(28)-S下降補正4振りテッカグヤ抜き。S20振りクチート抜き。

73(20)-S下降補正テッカグヤ抜き。H155(236)クチートの端数であることが多い。

71(4)-余り

70-無振り。トリル下クチートミラーに強い。

 

◎技

ふいうち-クチートの代名詞。威力70先制技。Sの遅いクチートが高速ポケモンに削りを入れることが出来たり、剣舞ふいうちで制圧することも出来る。この技が確定で入るが、範囲が怪しいため抜くことを検討している人もちらほら。

 

じゃれつく-威力135妖技。通りの良さと威力が売り。トリル下での制圧力が強く、生半可なポケモンでは吹き飛ぶ。10%の外しがネック。

 

アイアンヘッド-威力120鋼技。Sに振るとポリゴン2、カバルドンアシレーヌモロバレル等のポケモンを怯ませにいける。また技をカプ・テテフ(Hbc)やミミッキュ(AB)に耐えられる心配がなくなる。れいとうパンチ+かみなりパンチを同時採用することにより擬似的にじゃれつくの範囲を補えるが、如何せん技の一貫性がないためトリル運用には難がある。

 

れいとうパンチ-威力75氷技。じゃれつくと範囲が被りがちだが、じゃれつくを打たなくていいことが優秀。地面(カバルドンランドロスグライオン)への大きな打点になるため、S6以降に増えてきている。

 

かみなりパンチ-威力75かみなりパンチ。受けサイクルへの一貫性が高く、この技+αでドヒドイデテッカグヤエアームド絡みのサイクルを容易に崩せる。Sに振ろう。

 

はたきおとす-威力65(97)悪技。Z技や強いフェアリーの登場により、威力一貫性を多少奪われたもののアイテムに頼ったサイクルが増えているため機能する試合ではとことん機能する。剣舞と併用したトリックルーム下での制圧力が絶大。ヒードランに対する汎用打点。

 

つるぎのまい-積み技。A+2は非常に強力。どの技構成に組み込んでも強いが、テンプレはふいうち+じゃれつく+つるぎのまい+はたきおとすorれいとうパンチまたはふいうち+アイアンヘッド+かみなりパンチ+つるぎのまい。威嚇による物理耐久と優秀なタイプによって、トリックルーム下で起点なしで積むことが出来るため制圧力が素晴らしい。また、つるぎのまい+ふいうちで全員しばき倒すことも可能。カバリザに微有利。

 

ほのおのキバ-威力65炎技。ナットレイハッサムクチートギルガルドテッカグヤ等への打点。Sに36~20振ってあるクチートが所持していることが多い。

 

きあいパンチ-威力150格闘技。ナットレイドランを倒すためだけに生まれたポケモン。何気にクチートの最大打点である。交換読みやヤドリギステロに合わせてきあいパンチを押していくが相当なプレイングが必要。

 

かわらわり-クチート入の構築で苦手になる壁展開への回答、ガルーラへの命中安定かつ最大打点、鋼への打点。

 

イカサマ-Mメタグロス確定1発。

 

ストーンエッジ-両リザウルガモス確定1発。

 

ミミッキュ

f:id:akkar:20180412164416g:plain

主にZエースと重い炎のストッパーをします。そのためゴーストZが多いですが、ポリ2と合わせて2段構えのトリックルーム貼りの場合もあります。多くはASかABです。

 

*ASゴーストZミミッキュ

持ち物:ゴーストZ
特性:ばけのかわ
努力値:H4 A252 S252 
確定技:シャドークロー じゃれつく かげうち つるぎのまい

ポリクチに組み込んだ際に最も強い型。役割集中による鋼の突破や炎へのストッパー性能、技の一貫性、先制技、積み技、瞬間火力どれを取っても1級品。

 

*HAゴーストZミミッキュ

持ち物:ゴーストZ

特性:ばけのかわ

努力値:H196 A252 B4 D4 S52

HBD-Hに回し残りBD

A-火力が足りないため極振り

S-準速キノガッサ抜き

確定技:シャドークロー じゃれつく かげうち つるぎのまい

S2~S3にかけて流行ったHAゴーストZミミッキュ。挙げるとキリがないくらい色々な技をギリギリで耐える。

 

*ASミミッキュミミッキュ

持ち物:ミミッキュ

特性:ばけのかわ

努力値:H4 A252 S252

確定技:じゃれつく かげうち つるぎのまい

選択技:のろい トリックルーム でんじは ちょうはつ

じめんを意識したミミッキュZ。シャドークローを切ることによって生まれた1枠には害悪対策や鋼への強引な削り手段となるのろい、切り返しのトリックルーム、裏につなげるでんじはなどが入る。ちょうはつはカバルドンを重く見る場合。

 

*ABミミッキュミミッキュ
持ち物:ミミッキュ
特性:ばけのかわ
努力値:H164 A156 B188
確定技:じゃれつく かげうち 
選択技:のろい トリックルーム つるぎのまいちょうはつ

バシャーモとの不利対面を作った際に最悪引けるように採用されるミミッキュ。Sが遅いためでんじはを残しにくく、トリックルームやのろいのほうが強力。

 

キノガッサ

f:id:akkar:20180412164727g:plain

ポリクチのキノガッサキノガッサ対策+αの仕事を求められます。ASが主流です。

 

◎メジャーな数値

*陽気 A252 B4 S252

陽気キノガッサからのマッハパンチの乱数が変わるため、B4振り必須。素早さを伸ばして勝てる範囲を少し広げた型で岩石封じが自然採用される。しかし意地で勝てるポケモンへの安定感がなくなる(ミミッキュカプ・テテフなど)。

 

*意地 A252 B4 S252

最も個体数が多いであろうキノガッサ。陽気と比較しA実数値が18違うため、ミミッキュカプ・テテフに対してかなり安定する。

 

*意地 A余り B52or68 S252

陽気キノガッサマッハパンチを超高乱数2耐え調整。少し乱数に甘えるならB52、火力を若干落として乱数に甘えないならB68。最近のキノガッサはこのちょいB振りが増えている。

 

◎採用技

*確定技

タネマシンガン-威力37(テクニ込56)の連続草技。威力が火力と連続である点売りだが、数に安定性がないため運ゲーになりがち。

 

マッハパンチ-威力60(テクニ込90)の先制技。対面構築で重要な先制技をこの威力で打てるポケモンはなかなかいない。

 

キノコのほうし-命中100催眠技。3割でアドを取ることができないが7割でアドをとることが出来る。ポリクチが上振れ構築と言われる1番の理由。

 

*選択技

がんせきふうじ-威力60(テクニ込90)岩技。炎、飛行、毒に打つ技(MリザMボーマンダゲンガーなど)。S-1の追加効果も優秀。

 

つるぎのまい-A+2積み技。ブルルドヒドイデや、HBランドロステッカグヤに勝つことが出来る。ギルガルドにも強引な削りを入れることができる。MリザMボーマンダMゲンガーに無抵抗になる。

 

・ポリクチ対策

数的有利や有利対面を作ると一気に崩せる。初手の1:1で勝てると、勝率が上がる。

ここでは単体として強いポケモンを書くが、パーティ単位で対策することが1番良いため、使っているパーティで対ポリクチを何回もシュミレーションをして勝つに足らない要素を補う形で下のポケモンから選択するのが良いと思う。

 

リザードンf:id:akkar:20180412171149p:plainf:id:akkar:20180412171200p:plain

鬼羽リザードンXでクチミミガッサが機能停止に追い込まれる、身代わりorはねやすめリザードンYが特に有効。リザードンクチートやタスキを削ったキノガッサ、皮を剥いだミミッキュに対して大きな有利を取れるため、取り巻きで行動保ショウをいかに潰せるかが鍵になる。

 

メタグロスf:id:akkar:20180412171228p:plain

対面構築の天敵。3割を永遠に押し付けれること、ミミッキュのゴーストZ以外一撃で落とす手段がないため、十分対策になる。ポリゴン2はアイへ→アイへ+バレットorアームハンマーで対面勝つことが出来る上に、3割を押し付けれるので無償突破も狙える。初手のメタグロスで数的有利を取り裏で詰めることを目指す。

EFやMFと合わせてキノガッサを安全に処理できる。

 

ボーマンダf:id:akkar:20180412171246p:plain

特殊型が特に有効。物理型は裏選出で刺さるか変わるが、選出ゲー。

 

*ゲンガー+αf:id:akkar:20180412171259p:plain

ほろびのうたゲンガーで数的有利を作り、道連れでもう一体持っていきたい。低速ポケモンだらけであるため、ミミッキュ以外のポケモンにはHPが1でも残っていれば1匹持っていける。また、パーティ単位で重いポケモンをゲンガーで持っていき裏で詰める等も可能。

鬼火型だった場合に必ず上から鬼火を入れられる点も強く十分対策になり得る。

 

カプ・テテフf:id:akkar:20180412171310p:plain

先制技を打てないPFが強い。タスキめざ炎やHbメガネテテフだとクチートが対面で勝つことができないため、初手での数的有利を取りやすい。

 

*カプ・コケコf:id:akkar:20180412171322p:plain

対面で勝てるポケモンミミッキュキノガッサといるが行動保ショウを潰しながら、高速から交代できるボルトチェンジが強いためポリクチ側からの処理が難しい。電気Zで初手1:1を取ったり、メガネ型で初手ボルトチェンジから終盤のスイーパーをしたり、Hds木の実コケコで場荒らししたりと基本的にどの型でも優位に立てる。

 

カプ・レヒレf:id:akkar:20180412171346p:plain

ミズZ型が最も有効。ポリ2の前では瞑想、クチートにはミズZ、ミミッキュにはこごかぜミズZ、タスキを潰した後でキノガッサムーンフォースと割とやりたい放題できる。

 

キノガッサf:id:akkar:20180412171355p:plain

キノガッサ対策のキノガッサを倒せば1.5〜2匹持っていける。クチート威嚇を絡めて処理されることが多いため、ポリクチを強く意識するなら剣舞型を推奨。

 

ヒードランf:id:akkar:20180412171726p:plain

基本的にどのコマに対しても有利。しかしクチートの叩き落とすふいうち、キノガッサマッハパンチミミッキュの霊技と過労死しがち。

 

ウルガモスf:id:akkar:20180412171405p:plain

クチートのふいうちである程度削ったり、ミミッキュがストッパーをできる型なら何とか倒せるが、それが不可能な鬼火羽休め型が主に重い。キノガッサが剣舞型の場合止まらない。 

 

ビビヨンf:id:akkar:20180412171413p:plain

ステロを撒かれた瞬間にキノガッサのタスキが潰れて終了。このポケモンがいるだけで、選出がキノガッサ+裏2枠になる。

 

ポイズンヒールキノガッサf:id:akkar:20180412171425p:plain

基本的に不利。ポリクチ側のキノガッサが剣舞型ならごり押せるがそう出ない場合はガン起点であるため基本的には有利。

 

ミミッキュf:id:akkar:20180412171433p:plain

呪い型が1番有効。身代わりでキノガッサをワンチャン処理することができ、速いため相手のミミッキュに負けず、クチートとポリゴン2には対面で勝てる。ミミッキュZはポリゴン2を迅速に処理できるがクチートが重い、ゴーストZはクチートに有効打点を持てるがポリゴン2に荒らされがちとZに関しては一長一短である。

 

ミミロップf:id:akkar:20180412192945p:plain

ねこだましによる行動保ショウ潰しと低耐久ポケモンに対するおんひざでの制圧で優位に立ち回れる。キノガッサクチート受けがキーになってくるがそれさえ克服出来れば高い勝率を維持することが可能。

 

ギルガルドf:id:akkar:20180412171452p:plain

毒守身代わりギルガルドは択に永遠に負けるということが有利。身代わりポリゴン2、意地っ張りキノガッサが増えているため、臆病ギルガルドだとアドを取りやすい。

EFやMFと組み合わせるとキノガッサを安全に処理できる点も優秀。

 

*特殊高火力ポケモンf:id:akkar:20180412171500p:plainf:id:akkar:20180412171507p:plainf:id:akkar:20180412171532p:plainf:id:akkar:20180412171542p:plainetc

初手のクチートを牽制できたり、クチートに対して出すことにより数的有利を取れる。ミミガッサに弱い点は注意。

 

*不意のZ技

クチートが事故死すると、一気に有利になる。

 

*受けサイクル

受け側からどう見えているのかわからないが、ポリクチミミガッサの4枠だけでは受けループ、受けサイクルがキツいため、大体2枠に受けサイクル崩しが入っている。

 

・@2に採用しやすいポケモン

@2に求められる性能は崩しです。主にはカバリザカバマンダ等へのカバルドン絡みのサイクル、受けループや受けサイクルが役割対象になります。また、最低限バシャーモに弱くない等も必要です。
良く組み込まれるポケモン、組み込みやすいポケモンを紹介します。

 

ゲッコウガf:id:akkar:20180412222752p:plain

天敵であるバシャーモに強い崩し枠。ラッキーで止まるため、裏にはリザードンXやボルトロスなど単体で受けループを突破できるポケモンが置かれる。

◎げきりゅうミズZ
カバルドンだけでなく、ギルガルドテッカグヤヒードランもまとめて破壊できる。ラッキーで止まるため、受けループを崩せない。

へんげんじざいミズZゲッコウガ
技はハイドロカノンみずしゅりけんめざめるパワー(Fire)れいとうビームが1番多い。クチミミガッサで重くなりがちなナットレイにも打点を持てる。数値受けを押し切れない。

へんげんじざいいのちのたまゲッコウガ
みずしゅりけんめざめるパワー(Fire)れいとうビームじんつうりきが多い。ドヒドイデフシギバナ絡みを突破することが出来る。同じく数値受けで止まる

 

リザードンf:id:akkar:20180412222813p:plainf:id:akkar:20180412222822p:plain

XとYの2種類があるが、カバルドンと同居している場合はY、そうでない場合はXが多い。

リザードン

受けループ、受けサイクルを破壊したい場合に採用される。フレアドライブげきりんつるぎのまいニトロチャージの技構成が多い。

◎最速リザードン
オーバーヒートかえんほうしゃエアースラッシュじしんが多い。クチート+リザードンYのメガ枠ではヒードランが重いためじしんが採用されやすい。じしん以外ではめざめるパワー(Ice)、ニトロチャージなどの選択肢がある。
回復ソースの乏しい有限サイクルに対して強い。受けループを崩せないため、もう1枠やクチートに受けループ崩しを任せているケースが多い。

◎HBリザードン
だいもんじソーラービームめざめるパワー(Ice)@1が多い。@1にはミミロップ入のサイクルに強くなれるニトロチャージや、ヒードランへの打点としてじしんが組み込まれる。
他は最速と同じ。

 

ギャラドスf:id:akkar:20180412222902p:plain

カバルドンに圧倒的に強い裏のメガ枠。挑発を採用することでテッカグヤギルガルドなども完全に起点に出来る。また、ちょうはつを絡めた受けループ破壊を行える。

◎メガギャラドス
たきのぼりちょうはつりゅうのまい@1が多い。ポリクチミミガッサが誘うポケモンを起点にできるため、ポリクチとの相性が非常に良い。
@1にはこおりのきばやかみくだく、じしんが採用される。

◎ヒコウZギャラドス
フシギバナカプ・レヒレを強く意識した型。たきのぼりとびはねるちょうはつりゅうのまいが主流。

 

ボルトロスf:id:akkar:20180412222939p:plain

受けループ、受けサイクルをわるだくみ積みによる数値で崩す。

努力値
HC控えめ型-低速ポケモンに対して安定する。
CS臆病型-リザードンYやビビヨンオニゴーリ等に強く出られる。

◎持ち物
電気Z-威力が高い。
格闘Z-命中不安を解決できる。ラッキーやポリゴン2、ヒードラン意識。

◎技構成
10まんボルト-一致ウェポン。確定
わるだくみ-崩しに必要な技。確定
めざめるパワー(Ice)-じめんや龍への打点
めざめるパワー(Fly)-カプ・ブルルフシギバナモロバレルへの打点
サイコキネシス-フシギバナやゲンガー、モロバレルへの打点
きあいだま-Zと合わせてラッキーを迅速に処理できる。Zでなくてもヒードランやトレースポリゴン2に強い。

 

ランドロスf:id:akkar:20180412224645p:plain

◎ジメンZランドロス

身代わり+つるぎのまいから打ち落とすじしんで崩していく。受けループもつるぎのまいをすればうちおとすがかなり入るため十分崩せる。

◎ヒコウZランドロス

マンダ絡みのサイクルも崩せる。技構成はじしんがんせきふうじそらをとぶつるぎのまいが主流。受けループのエアームドに対する安定感が欠ける。

 

アーゴヨンf:id:akkar:20180412222954p:plain

CS振り。Hは151まで伸ばすことを推奨。控えめはS上昇による制圧力がなくなるため臆病推奨。

◎技構成
りゅうせいぐん-一致技。りゅうのはどうではZ変換した際の威力が足りない。
ヘドロウェーブ-カプ・テテフ等に対する乱数が変化するため、ヘドロばくだんよりも優先度が高い。
だいもんじ-はがねに対して打つ技。かえんほうしゃではギルガルドへの威力が足りないためだいもんじ推奨。
わるだくみ-崩しに必要な技。確定
めざめるパワー(Ground)-ヒードランピンポイントでの採用。入れる際はりゅうせいぐんを切って毒Zにすることを推奨。

 

デンジュモクf:id:akkar:20180412223050p:plain

Hbc振りを推奨。ほたるびを用いた圧倒的な崩しが可能。技構成は10まんボルトめざめるパワー(Ice)ほたるびに加え、カバルドン等への打点となるエナジーボールくさむすびか起点にできる範囲を増やす身代わりが多い。

 

ボーマンダf:id:akkar:20180412223140p:plain

受けループにこそ強くはないが、バシャーモ絡みのサイクルや、テッカグヤヒードランナットレイ等のハガネを起点にできる。めざめるパワー(Ice)で崩されず、起点の範囲を広げるためにHD振りであることが多い。
もう1枠には受けループに強いコマが添えられる。

 

ガブリアスf:id:akkar:20180412223455p:plain

つるぎのまいと高い数値による崩しが可能。げきりんじしんつるぎのまい+身代わりor吠える@ドラゴンZ or げきりんじしんほのおのキバつるぎのまい@ラムのみ の2種類が強力。

 

*ゲンガーf:id:akkar:20180412224705p:plain

かげふみによる盤面ロックから高いCSを用いて崩していく。技構成は身代わり催眠術が多いが、安定しないためどうしようもない構築にのみ選出したい。

 

ウルガモスf:id:akkar:20180419113314p:plain

エスパーZウルガモス

相手のサイクルにウツロイドドヒドイデがいようとも構わず破壊できる。ヒードランを倒すためにめざめるパワー(Ground)が入ることが多い。

 

ビビヨンf:id:akkar:20180419113502p:plain

対面+展開。苦手なサイクル系構築をハメ倒すことが出来るが、崩せる範囲が限られるため別の崩し枠が必要である。

 

・結果を残した構築

2201 f:id:akkar:20180412180437p:plainf:id:akkar:20180412180448p:plainf:id:akkar:20180412180459p:plainf:id:akkar:20180412180510p:plainf:id:akkar:20180412180519p:plainf:id:akkar:20180412180529p:plain

suropoke.hatenadiary.com

 

2164f:id:akkar:20180412180544p:plainf:id:akkar:20180412180553p:plainf:id:akkar:20180412180604p:plainf:id:akkar:20180412180614p:plainf:id:akkar:20180412180627p:plainf:id:akkar:20180412180635p:plain

 

suropoke.hatenadiary.com

 

2153f:id:akkar:20180412180702p:plainf:id:akkar:20180412180713p:plainf:id:akkar:20180412180724p:plainf:id:akkar:20180412180813p:plainf:id:akkar:20180412180826p:plainf:id:akkar:20180412180905p:plain

m.blog.naver.com

 

2153f:id:akkar:20180412180918p:plainf:id:akkar:20180412180943p:plainf:id:akkar:20180412180952p:plainf:id:akkar:20180412181002p:plainf:id:akkar:20180412181012p:plainf:id:akkar:20180412181021p:plain

nine-poke.hatenablog.com

 

2143f:id:akkar:20180412181033p:plainf:id:akkar:20180412181042p:plainf:id:akkar:20180412181052p:plainf:id:akkar:20180412181101p:plainf:id:akkar:20180412181116p:plainf:id:akkar:20180412181139p:plain

daiki12356.hatenablog.com

 

2117f:id:akkar:20180412181632p:plainf:id:akkar:20180412181713p:plainf:id:akkar:20180412181722p:plainf:id:akkar:20180412181732p:plainf:id:akkar:20180412181743p:plainf:id:akkar:20180412181844p:plain

m.blog.naver.com

 

2115f:id:akkar:20180412181858p:plainf:id:akkar:20180412181910p:plainf:id:akkar:20180412181920p:plainf:id:akkar:20180412181930p:plainf:id:akkar:20180412181940p:plainf:id:akkar:20180412181949p:plain

僕らはみんな可哀想 S4 使用構築

 

2111f:id:akkar:20180412182008p:plainf:id:akkar:20180412182020p:plainf:id:akkar:20180412182037p:plainf:id:akkar:20180412182057p:plainf:id:akkar:20180412182112p:plainf:id:akkar:20180412182159p:plain

rets-retsrets.hatenablog.com

 

2110f:id:akkar:20180412182216p:plainf:id:akkar:20180412182227p:plainf:id:akkar:20180412182239p:plainf:id:akkar:20180412182249p:plainf:id:akkar:20180412182301p:plainf:id:akkar:20180412182823p:plain

nine-poke.hatenablog.com

 

2108f:id:akkar:20180412182216p:plainf:id:akkar:20180412182227p:plainf:id:akkar:20180412182239p:plainf:id:akkar:20180412182249p:plainf:id:akkar:20180412182301p:plainf:id:akkar:20180412182310p:plain

toptmptop.hatenablog.jp

 

2108f:id:akkar:20180412182216p:plainf:id:akkar:20180412182227p:plainf:id:akkar:20180412182239p:plainf:id:akkar:20180412182249p:plainf:id:akkar:20180412182301p:plainf:id:akkar:20180412182310p:plain

akakapoke.hatenablog.jp

 

2105f:id:akkar:20180412182216p:plainf:id:akkar:20180412182227p:plainf:id:akkar:20180412182239p:plainf:id:akkar:20180412182249p:plainf:id:akkar:20180412182301p:plainf:id:akkar:20180412182310p:plain

suropoke.hatenadiary.com

 

2104f:id:akkar:20180412182216p:plainf:id:akkar:20180412182227p:plainf:id:akkar:20180412182239p:plainf:id:akkar:20180412182345p:plainf:id:akkar:20180412182400p:plainf:id:akkar:20180412182448p:plain

nagisa2003.hatenablog.com

 

2101f:id:akkar:20180412182216p:plainf:id:akkar:20180412182227p:plainf:id:akkar:20180412182239p:plainf:id:akkar:20180412182249p:plainf:id:akkar:20180412182519p:plainf:id:akkar:20180412182557p:plain

nine-poke.hatenablog.com

 

2100f:id:akkar:20180412182216p:plainf:id:akkar:20180412182227p:plainf:id:akkar:20180412182239p:plainf:id:akkar:20180412182249p:plainf:id:akkar:20180412182627p:plainf:id:akkar:20180412182637p:plain

toropoke.hatenablog.com

 

2100f:id:akkar:20180412182216p:plainf:id:akkar:20180412182227p:plainf:id:akkar:20180412182239p:plainf:id:akkar:20180412182249p:plainf:id:akkar:20180422074948p:plainf:id:akkar:20180422075003p:plain

chelsypo.hatenablog.com

 

2098f:id:akkar:20180412182216p:plainf:id:akkar:20180412182227p:plainf:id:akkar:20180412182239p:plainf:id:akkar:20180412182249p:plainf:id:akkar:20180412182705p:plainf:id:akkar:20180412182637p:plain

ruka-chan776.hatenablog.com

 

※基本無断で載せてるので問題がありましたら削除致します

 

足りない要素が多いと思うため、これを追加して欲しいや、この文が間違っていると思う 等の意見を待っています。それでは。

連絡はこちらまで→Twitter@_TapuCcino_